カミキリ 天牛人語(カミキリだけが人生さ?)

しばらく随時更新!

M高高原のコブ達(1)~eichan

M高高原のコブ達

                              真部永地(eichan)

2013.09.20-21

コブヤハズ属の各種の分布域の間には、

かつてどちらも採れない『非武装地帯』があったが、

人為的な『拡大造林政策』―針葉樹の植林によって『非武装地帯』が崩壊し、

各種の分布が接するようになったといわれる。

(高桑正敏;非武装地帯の崩壊がコブヤハズ群にもたらしたもの,「カミキリ学のすすめ」海游舎,2013)

一見、植林の影響がないように思えるところにも分布接点があるが、間接的な影響があるのかも
しれないし、すでに崩壊してしまった『非武装地帯』の存在について、検証する術もない。
ただ、コブヤハズ属が種分化の真っ只中にあり、ようやく4種に分かれたものの、
まだ遺伝的、あるいは生殖器官的に極めて近縁で、分布接点において、面白い現象を起こしている
ことに堪らない興味を覚え、惹きつけられてしまう。

人為的に交配を続ければ、交雑個体同士から累代を重ねることが可能で、
厳密な意味では種分化できていないとの考えもある。

実際に、分布接点では中間個体エリアが形成されている。
すなわち、元の2種よりも多くの中間個体が生息し、
明らかに中間個体同士が生殖し、増殖している。

しかし、そのエリアが広がらない。
分布接点の狭いエリアに中間個体エリアが形成され、
そのエリアが少しずつ移動する様子が観察できる。

この現象についても、多くの報告があり、
私自身「O嶽山のコブ達」で確認している。

13093001.jpg

<O嶽山のタニグチ-マヤサン中間個体♀;2012>

「カミキリ学のすすめ」で、高桑先生は、「遺伝面の重要性をもちろん認識しているが、
自然史により形成されている分布・形態状態も重きをおいている」
との理由で、コブヤハズ属の4集団を
それぞれ独立種として扱うと述べられている。

私は、「O嶽山のコブ達」で「マヤサンとタニグチの分化は亜種レベルで、
別種にはなっていないように思える」と述べたが、
「他のコブ達の関係についても、仮説を持っているが、調査不十分なので、
もう少し調査できてから投稿することにしよう」とも書いた。

実は、私も高桑先生の考えを支持している。
ただし、「遺伝子浸透が確実に生じており、
したがって種としての独立性が脅かされている」との考え
には異論を持っている。

つまり、先生のお考えよりも種分化は進んでおり、
「種としての独立性は脅かされていない」と
考えている。

先にも述べたとおり、分布接点では中間個体エリアが形成されているが、
その中間個体エリアは移動するけれど、拡大しない。

これは、中間個体同士が生殖可能で累代しているが、
遺伝的に不安定で累代を重ねるうちに衰退し、
元のどちらかの種に収束してしまうことを意味している。

しかし、分布接点の近傍では、分布接点から離れた地域の個体群に比べて、
相手側の種の形質に近い形質を示す個体が多いことが報告されている。

これを「交雑の名残として、
相手側の血(遺伝子)を受け継いでいる」と考える人が多いようである。
はたしてそうだろうか?

分布接点近傍では、人の植林活動が行われるよりも遥か昔から、例えば気候の変動により、
分布接点の移動が繰り返されてきたのではないだろうか?
種分化によって、中間個体群は遺伝的に不安定になり、累代を重ねると衰退し、
どちらもほとんどいないエリア;いわゆる『非武装地帯』が形成される。
しかし、気候変動などの原因で個体群の移動が余儀なくされると、
2種が分布を接するようになる。
これを繰り返しながら種分化が進んでいった、
つまり分布接点近傍は種分化が進行した名残が見られるエリアと考えてはどうだろう。
交雑の名残の形質が現れるのではなく、共通の祖先の名残が現れているのである。
分布接点から遠い個体群ほど、種が分化してからの移動距離が長い、
つまりより多くの世代交代を繰り返しているのである。

その結果、共通の祖先から受け継ぎながら発現されなくなった遺伝子は、より変異して、
もはや発現し得ないほどに破壊されているだろう。
一方、種分化進行エリアでは、祖先の遺伝子を受け継ぐ個体同士の交配が継続しているため、
何かの拍子に祖先の遺伝子の形質が発現することがある。いわゆる先祖返りである。
その結果、種分化したものの、このエリアでは互いに多少なりとも似た形質が発現されている。

このように考えた方が、自然だとは思わないか?
「先祖返り」の典型。それが「謎だらけの『黒紋コブヤハズ』」だと考えている。
謎が解けるように思えないか?

前置きが随分と長くなったが、
『黒紋コブヤハズ』のルーツを求めるのが、今回の調査の目的である。

13093002.jpg
<ヤマブドウの海;2009>

私は2009年に一度このエリアを調査している。
といっても、皆がコブ採りを行うのと同じ、笹薮をヤマブドウが覆う「ヤマブドウの海」エリアだ。
その時の成果は、ノーマルコブヤハズ:2♂♂7♀♀、黒紋コブヤハズ:2♂♂であった。
採れた黒紋コブヤハズは、白紋が黒い以外の特徴はコブヤハズそのもので、
その黒紋もマヤサンのように顆粒の密集を伴うものではなかった。
また、このエリアではマヤサンコブヤハズは1頭も採れなかった。
つまり、黒紋を発現する遺伝子の由来をマヤサンとの交雑に求めるのは無理があった。
13093003.jpg
<黒紋コブヤハズ♂;2009>

林道を奥に進み、O見山峠に向かって登り始めると、チュウブマヤサンコブヤハズばかりが採れた。
その間には、大きくはないが両側が急斜面で形成された沢があり、
この沢が分布境界であることは明らかだった。
しかし、コブ採りテクの未熟な当時の私には、この沢の周辺ではどちらも採ることができなかった。

今回は、この沢の周辺を調査し、本当の(狭義の)分布接点での中間個体と
いわゆる黒紋コブヤハズが、まったく別物であることを示したい。

さて、初日。
お昼頃に、いわゆるコクモンコブヤハズエリアに到着し、林道脇を叩いてみた。
最初に落ちてきたのは、前回採ることができなかった無紋コブヤハズ♂だった。
黒紋コブヤハズの黒紋が消失したものらしい。
確かに黒紋の痕跡のようなものが微かに残っている。
次に、タダコブ♀と黒紋コブ♀が同時に落ちてきた。
13093004.jpg
13093005.jpg

とりあえず、3type揃ったので、昼食を摂って、分布境界の沢の傍に車を移動した。
(ヤマブドウの海は素通り)
沢の向こう(右岸)、チュウブマヤサンエリアは、
日当たりが良くないのでヤマブドウが生えず、
叩きどころを探すのに苦労する。
でも、厳しい環境の関西で修業した今なら悪いなりの叩きどころを見つけられる。
難なくチュウブマヤサン♂♀ゲット。
13093006.jpg

エリトラの中央が少し盛り上がり、側稜が盛り上がりの後縁部に回り込み、
ここに顆粒が集中している。
その顆粒の塊の下に黒紋があり、そこから側稜がエリトラ先端に向かって伸びている。
そのため、黒紋の位置で、
側稜が不連続になる典型的なチュウブマヤサンの特徴を示している。

沢の手前側(左岸)に戻って叩いていくと、
フキの葉の上に溜まった枯葉の上に黒紋コブ♂が鎮座していた。
さらに、黒紋コブ♀、タダコブ♀が落ちてきた。
ほとんど下見気分の初日から、かなり良い感じだ。
13093007.jpg

~二日目に続く
スポンサーサイト
  1. 2013/11/07(木) 09:08:58|
  2. コブの奥部屋
  3. | コメント:0
<<M高高原のコブ達(2)~eichan | ホーム | キュウシュウハネナシサビカミキリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

総合累計アクセス数

カテゴリ

無料メルマガ「カミキリ通信」 (81)
情報誌「天牛通信」 (12)
出版案内 (10)
屋久島 (36)
奄美大島 (45)
徳之島 (32)
沖永良部島 (27)
宮古島 (12)
沖縄本島 (81)
久米島 (5)
石垣島 (82)
与那国島 (19)
佐渡島 (8)
八丈島 (24)
御蔵島 (4)
対馬 (45)
黒島(三島村) (8)
中之島(トカラ列島) (17)
母島(小笠原) (10)
北海道 (21)
北海道特産ハナカミキリコンプリート (14)
青森県 (5)
岩手県 (6)
山形県 (3)
福島県 (34)
新潟県 (2)
栃木県 (1)
群馬県 (6)
東京都 (139)
神奈川県 (21)
埼玉県 (39)
千葉県 (2)
静岡県 (1)
山梨県 (3)
南アルプス (10)
長野県 (22)
岐阜県 (11)
福井県 (1)
京都府 (4)
大阪府 (1)
兵庫県 (23)
奈良県 (5)
和歌山県 (3)
三重県 (4)
岡山県 (2)
広島県 (1)
四国 (43)
大分県 (10)
長崎県 (7)
佐賀県 (2)
熊本県 (1)
宮崎県 (7)
鹿児島県 (6)
オオトラ (10)
タマムシ (17)
クワガタ、コガネムシ (8)
カマキリモドキ (2)
ピドニア (30)
池袋の昆虫 (7)
東京の昆虫 (2)
コブの奥部屋 (8)
副産物の雑甲虫 (2)
ライトに来た虫及び他の虫 (2)
コンプリート (1)
紅星記と三種の神器 (25)
日本産ネキ全種採集 (31)
カミキリ、北の国から(北海道) (11)
埼玉にパキタのパラダイス発見 (36)
原稿下書き (15)
比較 (13)
人面顔 (3)
カミキリを横から見る (0)
変わったカミキリ (1)
交尾写真 (6)
カミキリ情報館更新 (44)
いただきもの (40)
未分類 (41)
外国産 (2)
訃報 (4)
学名変更 (53)
採集地の、ある風景 (1)
宮城県 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

プロフィール

池修

Author:池修
カミキリ情報館の池修石蔵です。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR