カミキリ 天牛人語(カミキリだけが人生さ?)

しばらく随時更新!

フジコブ-セダカhybrid~eichan

フジコブ-セダカhybrid
                               真部永地(eichan)

2013.09.07



富士山の周辺では、フジコブヤハズとイワワキセダカコブヤハズが広範囲で共存している。

その混生地では、両者の交雑で生まれたhybridと思われる中間個体が採れることも、

しばしば報告されている。

私も2010年に1♀を採っている。
2013fuji01.jpg


<フジ-セダカhybrid♀;2010>
2013fuji02.jpg


<フジ-セダカhybrid♀;2010>


フジコブの特徴:

 ・肩幅が広く、エリトラの中央部で幅が広がらない。

 ・エリトラ先端の突起が鋭い。

 ・エリトラに比較的明瞭な白紋が見られる。

 ・体色の赤みが強い。

 ・エリトラがより滑らかで多少光沢がある。

中間的な特徴:

 ・エリトラ中央部(コブ)が盛り上がるが低い。

イワワキセダカの特徴:

 ・エリトラ基部の大顆粒が不明瞭で、小顆粒が縦に並ぶような形態。

 ・白紋の位置が、エリトラ中央のコブの後端に近い。

 ・コブの側縁を小顆粒が縁取る。

と両種の特徴と中間的な特徴を併せ持っている。

このように複数の特徴を比較することで、hybridの判断ができる。



場所は、

山梨県側の富士山麓(裏富士)、O山のブナ林(国立公園特別保護地区=採集禁止)と

針葉樹の樹海(同じく特別保護地区)に挟まれた針葉樹と広葉樹の混交林。

各々の特保から出てきた両種が混生しているような状況だ。

荒廃が進む表富士の有名産地に比べれば、こちらは好環境が維持し続けられるのだろう。

ただ、採集に夢中になっていると、

特保に踏み込んでしまっているかもしれないので、注意が必要だ。



さて、hybridは♀しか採っていないので、♂を採りたくなり、久しぶりに訪れた。

車止めゲートからS登山道を進むと、ずっと特保の中を進むことになる。

ゲートの前を右に回ると、ほとんど特保を通ることなく、
ポイントにアプローチできる。

2013fuji03.jpg


ここでの狙いは、針葉樹の幼樹の低い位置の枝に溜まった枯葉。

低い位置に枝があれば、上の方の枝でも結構採れる。


樹海に近いこの辺りなら、フジコブかな、と思ったが・・・
落ちてきたのはセダカ♂だった。

2013fuji04.jpg
2013fuji05.jpg


枝にかかった枯葉の中にコブがいた。
2013fuji06.jpg


これもセダカ♂だった。
2013fuji07.jpg


次は、セダカ♀。

何故か、フジコブが落ちてこない。

この辺りは、
ほぼ同じくらいの頻度で採れるはずなのだが・・・
フジコブは発生が遅れているのかな。



ちなみに、白紋が見られるけれど、他の特徴はすべてセダカそのもの。

この程度の白紋は、セダカの個体変異と考えるべき。

1/4hybridというものは存在するかもしれないが、1/8となると、
個体変異と区別できるものではないはず。



さて次は・・・
2013fuji08.jpg



相方のNETにhybrid♂が落ちてきた。
2013fuji09.jpg


拡大して、各々の特徴をチェックすると、

フジコブの特徴:

 ・肩幅が広く、エリトラの中央部で幅が広がらない。

 ・エリトラ先端の突起が鋭い。

 ・エリトラに比較的明瞭な白紋が見られる。

 ・体色の赤みが強い。

 ・エリトラがより滑らかで多少光沢がある。

中間的な特徴:

 ・エリトラ中央部(コブ)が盛り上がるが低い。

イワワキセダカの特徴:

 ・エリトラ基部の大顆粒が不明瞭で、小顆粒が縦に並ぶような形態。

 ・白紋の位置が、エリトラ中央のコブの後端に近い。

 ・コブの側縁を小顆粒が縁取る。

とhybrid♀とまったく同様に、
両種の特徴と中間的な特徴を併せ持っている。
まちがいなく、hybrid♂だ。



ありがたいことに、これをいただけることに。



この後も、セダカばかり追加して、
最後にようやくフジコブ♀が落ちてきた。

2013fuji10.jpg


この場所では、2008年から数回採集しているが、合計で

 フジコブヤハズ:5♂♂4♀♀

 Hybrid:1♂1♀

 イワワキセダカコブヤハズ:7♂♂6♀♀

となった。

Hybrid出現頻度が、親の1/10程度。

人為的には、hybrid同士を交配させての累代も可能らしいが、
自然状態ではhybridの増殖はなく、
偶発的な交雑によって、hybridが発生しているように思われる。



すくなくともフジコブヤハズとイワワキセダカコブヤハズの間では、
十分に種分化ができていると考えてよさそうだ。


スポンサーサイト
  1. 2013/11/05(火) 09:11:32|
  2. コブの奥部屋
  3. | コメント:0
<<キュウシュウハネナシサビカミキリ | ホーム | マツシタヒメハナカミキリ 岐阜県>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

総合累計アクセス数

カテゴリ

無料メルマガ「カミキリ通信」 (81)
情報誌「天牛通信」 (12)
出版案内 (10)
屋久島 (36)
奄美大島 (45)
徳之島 (32)
沖永良部島 (27)
宮古島 (12)
沖縄本島 (81)
久米島 (5)
石垣島 (82)
与那国島 (19)
佐渡島 (8)
八丈島 (24)
御蔵島 (4)
対馬 (45)
黒島(三島村) (8)
中之島(トカラ列島) (17)
母島(小笠原) (10)
北海道 (21)
北海道特産ハナカミキリコンプリート (14)
青森県 (5)
岩手県 (6)
山形県 (3)
福島県 (34)
新潟県 (2)
栃木県 (1)
群馬県 (6)
東京都 (139)
神奈川県 (21)
埼玉県 (38)
千葉県 (2)
静岡県 (1)
山梨県 (3)
南アルプス (10)
長野県 (22)
岐阜県 (11)
福井県 (1)
京都府 (4)
大阪府 (1)
兵庫県 (23)
奈良県 (5)
和歌山県 (3)
三重県 (4)
岡山県 (2)
広島県 (1)
四国 (43)
大分県 (10)
長崎県 (7)
佐賀県 (2)
熊本県 (1)
宮崎県 (7)
鹿児島県 (6)
オオトラ (10)
タマムシ (17)
クワガタ、コガネムシ (8)
カマキリモドキ (2)
ピドニア (30)
池袋の昆虫 (7)
東京の昆虫 (2)
コブの奥部屋 (8)
副産物の雑甲虫 (2)
ライトに来た虫及び他の虫 (2)
コンプリート (1)
紅星記と三種の神器 (25)
日本産ネキ全種採集 (31)
カミキリ、北の国から(北海道) (11)
埼玉にパキタのパラダイス発見 (36)
原稿下書き (15)
比較 (13)
人面顔 (3)
カミキリを横から見る (0)
変わったカミキリ (1)
交尾写真 (6)
カミキリ情報館更新 (44)
いただきもの (40)
未分類 (41)
外国産 (2)
訃報 (4)
学名変更 (53)
採集地の、ある風景 (1)
宮城県 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

プロフィール

池修

Author:池修
カミキリ情報館の池修石蔵です。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR